人材派遣って何?

人材派遣とはなんぞや?という事について説明します。

派遣というのは、通常の雇用形態と少し異なった雇用形態で通常は雇用主(所属会社)の元で働くのですが、派遣というのは雇用主とは違う場所で働きます。
雇用主と就業場所が違うのが最も大きな特徴と言えます。給料は当然ですが雇用主から支払われます。しかし、作業指示や作業管理は就業先で行います。
簡単に言うとA社に就職したのにB社に出向して働く感じです。A社に就職したので、当然給料はA社から貰うのですが、出向してるので、仕事はB社で行うのです。

なぜB社が直接働いてる人に払わないの?という疑問があると思うのですが、そこが派遣と通常の雇用のもっとも異なった点です。

派遣会社を利用する企業は直接雇用をする事が出来ないわけではありません。なのになぜしないのか?ここが人材派遣というスタイルが寝ずいた理由でもあります。
直接雇用は退職金やボーナス、社会保険など様々は福利厚生や手当てが必要ですが、派遣社員は自社が雇用している社員ではなく、他社が雇用している社員なので、こういった手当てが一切必要ないのです。では派遣会社に勤めている派遣社員にはそういった福利厚生がないのか?というと、そうでもありません。派遣会社が有給休暇や社会保険は雇用保険などを負担するのです。交通費などを支払う会社もありますし、寮を完備している会社などもあります。

派遣社員はなぜ正規雇用とは違うのか?というと、期間の縛りがある雇用契約だからです。派遣社員は無期雇用ではなく、有期雇用なんです。

アルバイトやパートと比べると時給が高い傾向がある派遣社員ですが、こういった部分を意識しておかなければいけません。
逆に言うと、期間が決まっているからキツイ仕事でも出来る、長く勤めるつもりはないが経験は積みたい。手に職をつけたい。という人にはすごく向いています。